モーリオ

少し振り返って、7月のことを。

7月は、撮影や旅行で自分にとっては少し移動することが多い月となった。

その中で、初めて訪れる街だった盛岡のことを。

 

別々の方から盛岡での撮影の依頼を受けるという不思議なご縁があり、それも同じ場所という偶然。その場所は旧石井県令邸という盛岡に残る最も古い洋風建造物とも言われる建物での撮影だった。

 

そこで行われたヒカリアレト2という展覧会の記録撮影と今年の11月にそこで行われる谷匡子さんの花の展示会の告知用の撮影。

両者ともその場所で行われることにとても意義のある展覧会で、これからの自分にとっても大切な撮影になるというちょっとした確信を抱くものであった。

 

旧石井県令邸

 

和田みつひとさんの作品

 

橋本トモコさんの作品

 

小野ハナさんの作品

 

松本秋則さんの作品

 

 

谷匡子さん

 

 

計六日間の滞在になったのだが、なんとなくこの街が好きだという感触がずっとあった。

街に、歴史や文化が残っている。それが無理やりでなく、自然に。

そして、静かに強くそれを伝えようとする場所であり、人がいること。

良い喫茶店もあるし、美味しい食もあるし、美しい川が街中を流れる。

良い街だと感じる要素が歩ける範囲でいたるところに潜んでいる。

 

また来よう、と思える街。

 

南昌荘

 

 

いろんな美味しいものをいただいたが、クラムボンのカレーは、本当に美味しかった。

 

 

熊ヶ井旅館のゴンタ。

 

光原社

 

帰り、駅前でちょうどお祭りが行われていた。ちなみにタイトルの「モーリオ」というのは宮沢賢治が作品の中で盛岡をモデルとした地名らしい。

コメント