さっき友人に送ったメールの終わりに今の時間と日付がのっており、12月31日となっていて驚いた。

もうあの2018年が終わろうとしている。

年の始まりに妻と決めた週一回ブログを更新するといった約束も、1、2ヶ月を過ぎると、途切れ出し、最終的には8月以降放棄する有様は、我ながらに恥ずかしく、情けない。

さすがに、今年最後ぐらいはもう一度、ブログを書こう。

 

さて、何を書こうかと、あれこれ悩み、書いては消してを繰り返してるともう2時間経った。朝4時。

さすがにやめようかとしていたところ、昨日、妻と言い争いになったことを思い出す。

そんな時はいつも、できてもないのに自分の理想を、あたかもできているかのように話す。

昨日も「もっと人生楽しんだ方がいい」という誰もが言える当たり前なこと言ってみたのだが、

今日の朝、「もっと人生を楽しもうと思う」と言われた。

妻曰く人生は堪えるもので、今まで心から楽しもうと思ったことはほとんどないらしい。でも、もっと楽しもうと思うということだった。

 

「人生は暇つぶし」「生きてるだけで丸儲け」、こんなことを言っているのはやはり男で、それを良い言葉と思うのは自分で、

女性はまた異なる感覚で生きているから、世界は成り立っているのだろうな。

 

今年ももうすぐ終わる。そして次が始まる。その瞬間をきちんと想おう。

 

今年もお世話になりました。

どうぞ来年も宜しくお願いします。おやすみなさい。

 

 

 

コメント