最近観た映画

先日、妻が自動車の免許合宿に行っていたこともあり、少しだけ、一人暮らしをしていた。

ゴールデンウィークも重なり、そのあいだはもっぱら映画を観ていた。

夜、吉祥寺のアップリンクで観た、イ・チャンドン監督の『バーニング』と『オアシス』、ポレポレ東中野で観た加納土監督『沈没家族』、アマゾンプライムで観たアレクサンドル・コット監督『草原の実験』、片渕須直監督『この世界の片隅に』(2回目)など、特に印象に残っているのはそれらだった。

 

イ・チャンドン監督は恥ずかしながら、知らなかった。でも観始めてすぐに好きだと思った。彼の映画の中に在る光が好きだ。

それは多分、光が闇であることを捉え、それを映し込んでいるからだろう。

『バーニング』ではそれは建物のガラスに反射して部屋に差し込んでくる光であったり、『オアシス』では夜になると部屋に差し込む街灯の影を持つ光だった。

それらはある象徴として日々の中に存在し、そして希望と絶望という相反する意味を併せ持っているように映される。だから、そこにいろんな感情をみることができた。それが美しかった。

 

加納土監督の『沈没家族』は、おそらく社会的な見地から観ても多くの意味をもつ作品だろうし、実際多くの社会学者などがこの映画をネタにいろいろ説いている。そのような面白さももちろんあったが、単純に、いいドキュメンタリー映画だと思った。

評論家でもない自分がえらそうに語ることではないが、個人的に思う良きドキュメンタリーだと判断する要素として、その映画の中に役者を超えるような個性の人がいること、良き音楽が背景に流れていること。そして、映像の中に無意識的に何かおもしろいものであり、その映画を決定づけるようなものが映り込んでしまっているということなどがある。

好きなドキュメンタリー映画、『エンディングノート』、『夢と狂気の王国』、『ふたりの桃源郷』、『人生フルーツ』にも、それぞれいるし、流れているし、映り込んでいる。だから良いドキュメンタリー映画だというのは当たり前なことなのだろうけれど、『沈没家族』にもそれがきちんとあったように思う。

この映画の中で、多用される 1990年代から2000年代前半の当時のフィルムの映像がまた、映画に良いにおいをつけているように思った。

これから先、現代の写真であり、映像は、より多く残っていくだろうけど、あのフィルムの鮮明過ぎず、どこか曖昧な映像によってできるあのようなにおいをつけることは難しいように思った。この映画の主題歌のMONO NO AWAREの"A・I・A・O・U”という曲もそのPVも良かった。

 

『草原の実験』と『この世界の片隅に』という二つの映画は、全く異なる映画ではあるが、二つとも強い美しさを持った作品であり、根底に伝えたいメッセージのようなものは同じであるように思った。

 

映画は自分にとって現実逃避であると同時に、現実をみさせてくれる。だから好きだ。

 

1